トップ

医者になるための現役合格

医学部には現役合格を目指そう

現役で医学部合格で医者になろう

「第一志望合格」という目標を目指し全力を注力して優秀な学生が挑む医学部受験ですが、現役合格の壁は厚いものです。>医者になりたい高校生はこちらのサイトをご覧ください。

やはり医学部は他の大学や学部よりも、浪人が多い学部であることは否めません。そのため「浪人が普通」「一浪合格なら優秀な部類」と考える向きも少なくありません。しかし、それでも、やはり現役合格をあきらめてはいけません。学費の負担ももちろんのこと、なるべく早く若い時期に厳しい医者修行を乗り越えるためにも、現役で目指す方がなんといっても一番です。

また、一浪までの浪人については、該当する学生も多いため特に問題になることはありません、二浪以上のいわゆる「多浪」は就職や大学院進学にも不利といわれています。安易に浪人生の道を選ぶことなく、まずは一発現役合格を目指すべきことは当たり前すぎるくらい当たり前なことなのです。「今から勉強してももう遅い」と出遅れ感を感じている人ならば、逆に「自分が今勉強していることは、偏差値が高い連中はとっくに終わっている範囲」と逆に開き直ると、「ま、今からでもなんとかなるか」とやる気がふつふつとわいてくる人も少なくありません。

とにかく、自分の将来を決めるのは今の自分、努力を続ける自分という厳然とした事実。まずはその事を自覚しましょう。ちなみに国公立大学の医学部の合格者の内訳を見てみると、現役と1浪の合格率を合計すると多くの大学で7割以上と高い合格率をマークしているのに対し、「多浪(医学部では3浪以上)」になると、合格率が著しく下がってしまうことも肝に銘じておきましょう。数年浪人生活を送った挙句に医学部受験をあきらめる人も少なくないのです。

Copyright © 医学部には現役合格を目指そう. All rights reserved.